近年、食の欧米化・コンビニ化に伴い、食生活は大きく変わりました。

お米や味噌・野菜を食べる量は各段に減りました。

見山の郷では見山地域で古くから受け継がれた農村文化や

伝統食のよさを永く伝え、安全で安心かつ新鮮な手作り食品を

提供して参りたいと考えています。

そして自然たっぷりの「見山の郷」で都市と農村の交流を推し進め、

地域の活性化を推進していきます。

             農事組合法人 見山の郷交流施設組合
               
                 代表理事 原田 忠節

50年前と比べると、野菜の栄養価は1/20〜1/8くらいまで減っていると

言われてます。これは日本が狭い国土で四季おりおりの野菜を続けた結果、

土地そのものがやせ、さらに農薬、化学肥料、酸性雨などが栄養価を

減らしているといわれています。

野菜や米は「手間暇をかけることが最良の品質を生み出す原点である」

との考えにいたり、今では化学肥料や農薬などをできるだけ使わない栽培に

努めています。

野菜は採取された時点での栄養分がそのまま温存される訳ではありません。

摘んでからの時間、流通時の加工処理、家庭での調理によって栄養分は

どんどん低下していきます。

私たち人間の体は当たり前のことですが食べ物からできています。

新鮮で手作りの安心安全な食材、そして加工品を提供している見山の郷

に是非お越し下さい。